中古車査定と必要書類一覧

常夏分が所有する車を売却する場合は、まず中古車販売店や買取専門店に所有車を査定してもらう必要があります。査定時に必要な書類は店ごとに異なりますが、大抵の店では運転免許証をはじめとする身分証明書や自動車検査証、自動車賠償責任保険証明書があれば査定を行ってくれます。特に重要なのは自動車検査証で、書面に記載されている各項目が基準となる査定価格を定める際に利用されます。店舗の査定スタッフから提示を促されたら、すぐに提示できるよう準備しておきましょう。
もし、必要なものを紛失していたことがわかった場合は、運転免許証については運転免許試験場や警察署へ行って再発行の申請を行って、自動車検査証については運輸支局や軽自動車検査協会へ行って再発行の手続きを行い、自動車賠償責任保険証明書については加入先の保険会社へ行って証明書の再交付を申請しましょう。
なお、査定に臨むだけであれば必要なものは少なくて済みますが、査定結果を聞いた後に売却する決断をした場合は、印鑑登録証明書や、自動車税もしくは軽自動車税の納税証明書、預託証明書(リサイクル券)などといったものの用意が必要となります。もし、2~3ヶ月程度の期間のうちに所有する車を売却する予定であれば、予め売却手続きに必要なものも揃えておくと、スムーズに事を運ぶことができます。

コメントは受け付けていません。